食欲抑制剤のBBXはどういう効果があるのでしょうか?

BBXと言う食欲抑制剤はタイ国のFDAと呼ばれる組織が承認しているほどですので、安全性などについては効果が高くなっています。そのため、日本の美容クリニックなどでも取り扱っているところもあるほどです。実際にBBXはどういう効果があるのかなどのメカニズムについて解説していきます。

■コルチゾールを抑える
BBXがなぜこんなに効果があるのかと言うと太る原因となるコルチゾールを抑えてくれるからです。食べたくて仕方がないという場合に、ストレスを感じてイライラしたり記憶力が低下したり、即時のコントロールができなくなるなどの症状を引き起こします。

■食欲抑制剤の購入ご検討されている方にお勧めしたいサイト
薬個人輸入 http://www.ntp-k.org/

これらの強いストレスを感じてしまうとコルチゾールが増加していき、内臓が悪くなったり、ドカ食いをしたりと言うことになります。ダイエットのことのみならず、仕事やプライベートなどでもストレスを感じてしまうと、コルチゾール値が高い状態が続いてしまいます。

この状態で摂取した糖質に関してはどんどん皮下脂肪や内臓脂肪に変わってしまい、なおさら太りやすい体質へと変貌していくことでしょう。コルチゾール値が高止まりしている状態と言うのは、食欲を抑えてくれるセロトニンと言うホルモンの分泌を低下させますので、ますます食欲が増していき、我慢できずに食べすぎてしまいます。

コルチゾールはインスリンの働きを邪魔しますので、ますます脂肪が蓄積しやすい体になります。コルチゾール自体にも脂肪の合成を促しますので、なおさら太りやすくなるでしょう。

■ダイエットに効果がある
BBXを正しく服用することによって太りにくい体質になったり、食欲を抑えたり、ストレスを解消したり、摂取カロリーを50%もカットしてくれたり、ゲドックスをしてくれるなどの効果があります。これらの効果と言うのは全てダイエットに向けて効果があるものです。

BBXを摂取することによって、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌をコントロールします。コルチゾールはさまざまな代謝や免疫機構などに関わり、生命維持に欠かせないホルモンなのです。それをきちんとコントロールすることでダイエットに効果が出てきます。

■BBXの効果的な飲み方
BBXの効果的な飲み方としては1日2回までを食事の30分前に服用することです。昼と夜の食前30分に飲むなど、個人のライフスタイルに合わせて飲むタイミングを変えて行ってもいいのでは無いでしょうか。自分が一番食べるのではないかと言うタイミングで服用をした方が効果的です。

※参照 「BBXの飲むタイミングについて

実際には単純にやせることができないとか、空腹感が紛れない、下痢になりやすくなるなどの症状が起きることがありますが、そういう人と言うのは説明書きに記載されている正しい飲み方をしているのかどうかを確認したほうがいいでしょう。合わない飲み方をしてしまうと効果がないどころが全く意味がない行動にもなりかねませんし、かえって太ってしまうことにもつながります。

BBXと言う食欲抑制剤だけに頼るというのではなく、食事に気を遣ったり、運動を行ったりというようなことも同時にやってみるのもいいことです。効果的にバランスよくダイエットを行ったほうが健康的にやせることが可能です。

コルチゾールに働きかけることによりダイエットにつなげる

■コルチゾールに働きかけることによりダイエットにつなげる
BBXと呼ばれる食欲抑制剤はコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンに働きかけることにより、ダイエットに効果が出てきます。きちんとダイエットにつながる様に正しく服用することが重要になってきます。